『Breathed in the Water』

〜 Future is not here 〜



I think highly of my inner world. My work express the truth emerged from projections of my inner world by making an analogy to models and landscapes. They could be considered as just a fiction that have nothing to do with the reality. However, I feel and believe that the fictions do effect the reality of things and phenomenon in our surrounding society. There is a term called “Yui-shin” in Buddism. It is similar to the philosophical term “idealism”.

The term means that all presences are realized from our mind which is the only real presence in the world. It sounds extreme conclusion that our mind is the only real presence, however it is an amusing thought. Our spirits and minds are the second reality of the world.And learning them is a process to learn about myself.


In this photography project, I am trying to objectify anonymous inner world by photographing photographs that are projections of my inner world. The photographs are actually re-photographed in the water. Unexpected figures from the backlit light and simmer of images through the water will give chances to capture the silent substance in the stream. It will not happen in digital processes. With the manipulations process, the actual figures are removed from the photographs. The ambiguity of images make you imagine our minds, dreams and sense of unconsciousness. 

I think the combination of actual images and manipulated image can create the unknown, impossible uncertain world that certainly exists. I hope that my work reflects the sense of presence that is imagined and engraved in our mind. And I have been aiming for that sense.


私は自身の内側にある世界を大切にしています。作品は私の内面を投影して浮かんでくる真実を、風景やモデルに換えて表わしています。現実とは関係のない、フィクションに過ぎない、そうなるかもしれません。ただ、そのフィクションが私を取り巻くこの社会、現実での事物、現象に影響を与えていると感じています。

仏教用語に「唯心」という言葉があります。「すべての存在は心の変現したもので,本質上実在するものではなく,心が唯一の実在である」という意味です。唯一の実在である、というのは極論にも思えますが、おもしろい考えです。精神や心の存在は、第二の現実であり、それを知ることは自分という人間を知るためのプロセスとなると思います。


本作は私の内面を写真として投影するだけでなく、出来上がった写真を水に沈めもう一度撮影することで、特定できない「誰か」の内側の世界を客観視しようとしています。水面の揺らめきや光の漏れによるデジタル処理にない意図せぬ姿が、流れの中にある静かな実体を捉えるでしょう。写真内の物質的な形は排除され、その不明瞭さは心や夢、無意識時の感覚を想像させます。

「撮影したままのイメージ」と「歪曲されて生まれたイメージ」による両方で未知の世界、あるようでない現実、不確かで確かに存在する世界が創造できるのではないかと考えます。心に思い描き、刻み込まれ、探しているものの感覚が写し出ていることを願います。