【カムトケル】

屋久島の山に登っていたとき、光が差し込んで、ふわっと現れたのがこの親子ザルで、とても神聖な空間でした。

本作は3種類の透ける布を使用し何層にもレイヤーを重ねています。角度によりはっきりと像が浮かび上がることも、消えることもあり、同じ画像が同時に見えることでブレが生じます。

布の密度により生まれるの歪み、はっきり見えないことで展示しているこの像がここにある、いる、と存在を意識させられます。

実際にあるが真の姿はどこにあるのか、存在の曖昧さ不安定さの中に、生きていることを見出しています。

 

2011.11.9~21 個展「面をかすめる、声がきこえる」にて公開。


氷森 記心 Kishin Himori

アーティスト / 写真家 Artist / Photographer

 

info@kishinhimori.com



Don't use, copy, modify or publish my work in any way without my written permission. You can ask me by using the contact form.