HoZo


本作は現実には見ることのできない光が入るように撮影している。

目を細めると見える何かのように、少しずらすことで写り込む。

これを使い私の周りに存在する自然や物質の命に着目した。

光は水や木、土地や物など無機物を問わず、すべてのものの中にある生命のようなものを表している。

 

ただのモノとしてではなく、命あるモノとして捉えることで、それらの本質が形になる気がした。